【屋島との関わり】

作者は世阿弥。複式夢幻能、修羅能の名作といわれる八島/屋島。舞台はまさに屋島。

その香川県の宝を屋島出身であり、シテ方観世流能楽師の伶以野陽子さんが故郷に帰って来られた際に「能」の体験コーナーを担当。

そして、八島/屋島のみどころを解説して頂きました。

 


【八島/屋島のみどころ】

史上に人気の高い義経が主人公で、死後に修羅道に堕ちた武将として現れます。修羅道は仏教の六道輪廻の宇宙観で、絶えず戦いや争いが行われる世界とされています。

生前に戦をした者が死後に堕ち、常に戦いを強いられる苦しみを受けるといわれてきました。「八島」は、勇猛で生々しい戦いの様子を描きつつも、それを春の長閑な一夜の美しい景色や情景がくっきりと際立つ物語に仕立てられています。
(the能ドットコムより)





 


こどもたちも大はしゃぎ! ジャンボドームコーナー

今年で見納め お疲れ様でした。 ほたる観賞館

地元バンドがノリノリでした。 セカンドステージでのライブコンサート

バザー(焼きそば、カキ氷、寿司、うどん、ジュース、ビール、おもちゃなど)

何が当たるかな? 大人気の抽選会場

タレントさんで盛り上がるメインステージ

お客さんも大喜び メインステージ客席

ボランティアの皆さんによる屋島の案内 観光案内スペース









docomo

ホリデーカンパニー

帰来 たこせん、トルネードポテト

津ノ村

メロンパン

Vサイン! お手伝いの高校生











Copyright 源平の里あきない会